借地権買い取りとは

借地権とは、他人の土地を建物利用などの目的で、土地代を支払って借りることのできる権利のことを指します。借地権には賃貸権、地上権などさまざまな種類があり、その都度用途に合った権利を有することが必要です。土地を主有している方にとっては、借地権によって単純に土地を遊ばせることなく利益につなげることができますし、土地を借りたい側にとっては土地の購入という高額な支出をすることなく目的の場所に建物などを建てることができるため大変便利な制度といえます。

もし貸し出している土地を返却してほしいと思った場合、地主は借地権者へ一定額を支払い「借地権を買い取る」ことが必要になります。もともと貸し出していた自分の土地を返してもらうだけなのに買取をしないといけないのかと疑問が浮かびますが、言い方を変えると立ち退き料の支払いのようなものです。この時に支払う額は、地主の側がどの程度土地の返却を希望しているのかによっても大きく変わってくることもあります。

逆に、もしも借りているほうが土地を返したいと願う場合出れば、地主の側は「買い取り」額を1円も支払うことなくただ土地を返却してもらうということもあり得ます。どちらにしても、円満な借地権のやり取りには、交渉に慣れた仲介業者をしっかり選んで計画的に進めていく必要があるでしょう。その際には、貸していた時期に建てられた物件もそのまま買い取りたいのかどうかなど、その場所特有のさまざまな条件も加味されます。