借地権のメリットって?

そもそも借地権は土地を借りる側にとってメリットはどれくらいあるのでしょうか。どうせ自分の物にならない土地に対して賃貸料を支払うのはもったいないと考えて初めから検討しない方もいますが、実は建物をそこに建てた場合、その建物は自分の所有物となるという点が通常の賃貸と大きく異なります。

自分の持ち家なわけですからリフォームも自由自在です。形式上土地を借りているので、土地代を支払う必要はあるのですが、実質は自分の土地のように利用することができるだけでなく、土地を所有するわけではないので初期費用もぐっと安く抑えることができます。土地を所有している場合にかかる税金なども支払う必要はないため、場合によってはかなりの好条件で住む場所を決めることができるかもしれません。

実際のところ、借地権付きの住宅と、土地の所有権が付いた住宅では寝普段が大きく異なり、同じくらいの金額である場合、借地権付きの住宅の方が立地条件が良かったり、広い土地に建てることができたりとメリットがたくさんあります。どちらがいいと一概には言えませんが、自分のライフスタイルに合わせて上手に選んでいくとよいでしょう。そのためにはやはりさまざまな物件や土地を探すことが不可欠です。

無料相談を利用しよう

借地権に関する買取などの交渉はプロに相談しないとなかなかうまくいかないことがあります。借地権が保障される条件もさまざまで、何年間の保証なのか、だれに対して有効な権利なのかといった点をしっかりと把握しておく必要があります。こうした複雑な問題をスムーズにクリアするためにも無料相談窓口で相談してみるとよいでしょう。借地権の売買に関する無料相談窓口を設けている不動産会社やコンサルティング会社は少なくありません。

借地権は自力で価値をつけていくのは非常に困難で、地主が何を望んでいるのかなど、感情的な部分も価格の差となって生じやすいものです。専門家による仲介がないと、交渉が決裂してしまいお互いに嫌な思いをするかもしれません。新たなトラブルの原因にもなりかねませんので、ぜひ具体的に動き出す前に無料相談を活用する方が良いでしょう。

借地権に関する理解を深めるためにも、些細な疑問でも積極的に質問していくことが大切です。自分が借地権を手放したい場合でも、借地権を買い取りたい場合でも、その仕組みや関係する要素をよく理解しておくなら、その権利を十分に生かしたお互いにとって満足な交渉ができるはずです。無料相談は電話でもメールでも受け付けているところもありますのでまずはネットなどで検索してみましょう。

借地権買い取りとは

借地権とは、他人の土地を建物利用などの目的で、土地代を支払って借りることのできる権利のことを指します。借地権には賃貸権、地上権などさまざまな種類があり、その都度用途に合った権利を有することが必要です。土地を主有している方にとっては、借地権によって単純に土地を遊ばせることなく利益につなげることができますし、土地を借りたい側にとっては土地の購入という高額な支出をすることなく目的の場所に建物などを建てることができるため大変便利な制度といえます。

もし貸し出している土地を返却してほしいと思った場合、地主は借地権者へ一定額を支払い「借地権を買い取る」ことが必要になります。もともと貸し出していた自分の土地を返してもらうだけなのに買取をしないといけないのかと疑問が浮かびますが、言い方を変えると立ち退き料の支払いのようなものです。この時に支払う額は、地主の側がどの程度土地の返却を希望しているのかによっても大きく変わってくることもあります。

逆に、もしも借りているほうが土地を返したいと願う場合出れば、地主の側は「買い取り」額を1円も支払うことなくただ土地を返却してもらうということもあり得ます。どちらにしても、円満な借地権のやり取りには、交渉に慣れた仲介業者をしっかり選んで計画的に進めていく必要があるでしょう。その際には、貸していた時期に建てられた物件もそのまま買い取りたいのかどうかなど、その場所特有のさまざまな条件も加味されます。